【キャンプにおすすめ】野外で挽くコーヒーセット(7つ道具)

外でおいしい空気を吸いながら、こだわりのコーヒーを味わいたい

こんなことを思ったことはありませんか。

とはいえ、家では豆を挽いてコーヒーを飲む人でも、キャンプだとどんな道具を揃えればいいかわからず、ついインスタントコーヒーを選んでしまう人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたのために、この記事では「キャンプ用におすすめのコーヒー7つ道具」を紹介します。

キャンプでこだわりのコーヒー飲みながら最高のひと時を過ごしませんか。

キャンプ向けのコーヒーの淹れ方(2種類)

コーヒーを淹れ方は10種類程度あると言われています。

ここでは、キャンプ向けにおすすめのコーヒーの淹れ方を2つ紹介します。

(1)ハンドドリップ

王道の淹れ方である「ハンドドリップ」。多くの人になじみのあるコーヒー粉を濾して淹れるスタイルです。

コーヒー粉をフィルターで濾すことで、コーヒー独特の「雑味」をシャットアウトしてくれます。蒸らす時間やお湯を注ぐスピードを調整することで、味変化を楽しむこともできます。

(2)フレンチプレス

フレンチプレスは、ハンドドリップでは抽出できないコーヒーオイルや雑味など、コーヒー本来の味をそのまま楽しむことができます。

淹れ方も非常にシンプル。紅茶や日本茶と同じように、プレスにコーヒー粉とお湯をそそいで抽出されるのを待つだけ。

「とにかく手軽にコーヒーを淹れたい」という方におすすめです。

キャンプ向けのコーヒー7つ道具(ハンドドリップ)

「せっかくキャンプに来たんだからコーヒーの淹れ方にもこだわりたい」。そんな方のためにハンドドリップで淹れるための7つ道具を紹介します。

ハンドドリップは飲むときだけでなく、豆を挽くときやお湯を注ぐときなど、淹れるプロセスの中でもコーヒーの芳醇な香りを楽しむことができます。

(1)コーヒーミル

コーヒーの豆を挽くための道具です。選ぶポイントは「持ち運びやすさ」と「材質」。今ではパーツが分解できるミルも多いです。

材質は割れる心配のないステンレス製が良いでしょう。

コーヒー豆を最高の状態で挽ける「コーヒーミル・Ⅱミニ」がおすすめ

おすすめはポーレックスの「コーヒーミル・Ⅱミニ」。パーツを全て分解、洗浄できるので常にコーヒー豆を最高の状態で挽くことができます。

またハンドル部分はとりはずし可能で収納力もバツグンです。

(2)ケトル

お湯を沸かす小さめのやかんです。

鍋でも代用可能ですが、こだわる方は専用のケトルを準備しましょう。

コーヒーはお湯を少しずつ注ぎ、ムラなく抽出することで美味しくなります。そのため、注ぎ口がなるべく小さいケトルが良いです。

コーヒーに特化した「ツードリップポットpro」がおすすめ

おすすめは珈琲考具の「ツードリップポットpro」。注ぎ口が細いのはもちろん、口が真下を向いているため注ぎのコントロールが自由自在です。まさにコーヒーに特化したケトルです。

(3)ドリッパー

コーヒーの粉を入れたフィルターをセットして固定するための器具です。キャンプには軽くて折りたためるタイプが便利。

コンパクトに収納できる「コーヒーバネット」がおすすめ

最近のトレンドはバネタイプ。中でもユニフレームの「コーヒーバネット」は平らに収納ができ、専用のケースもついているため持ち運びに便利です。

また市販のペーパーフィルターにも対応している優れものです。

(4)ペーパーフィルター

コーヒー粉を濾す道具です。正直商品によって大きな違いはありません。

あえてこだわる場合、選ぶポイントは「紙のにおいが少ない」「ドリッパーのフィットアバカ」の2つです。

この2つの条件を満たすのがアバカの「円すい コーヒーフィルター」。価格も比較的安いのでおすすめです。

(5)サーバー

抽出したコーヒーを保温するための道具。

保温力が高い「CURRENT コーヒーサーバー」がおすすめ

おすすめはAtlasの「CURRENT コーヒーサーバー」。保温力の高さはもちろん、広口なので氷を入れてアイスで楽しむこともできます。

片手ワンタッチでカンタンに注ぐことができます。ソロキャンプの場合は、サーバーなしで直接マグカップに入れちゃうのもアリです。

(6)マグカップ

キャンプ用ならステンレス製かチタン製を選ぶと良いでしょう。

ステンレスは保温性に優れ、頑丈なのが特長ですが、チタンはそれに加え軽くて汚れにくいというメリットがあります。

コンパクトに収納できる「チタンシングルマグ」がおすすめ

おすすめはスノーピーク(snow peak) の「チタンシングルマグ」。一つずつ職人さんによって丁寧に作られ、耐久性と利便性に優れたマグカップです。

またハンドル部分は折りたたみ可能で、コンパクトに収納できます。

(7)ガスバーナー

ガスコンロのキャンプ版です。

コーヒー専用に用意する必要はないので、お持ちのガスバーナーでもOKです。

ソロキャンプならガスと一体型になっているシングルバーナーを選ぶと良いでしょう。

コンパクトに収納できる「アミカスSOD-320」がおすすめ

おすすめはソト(SOTO)の「アミカスSOD-320」。外径106mmにも達する4本のゴトクでしっかり支えられるため、小さめの鍋でも余裕で対応できます。

一方、収納時には350mmのペットボトルサイズに抑えることができます。なるべく荷物を少なくしたいキャンパーにはピッタリの商品です。

コーヒー豆の選び方

「せっかくだからコーヒー豆にもこだわりたい」こんなことを思ったことはありませんか。

コーヒーの味を決める要素はいくつかありますが、味に最も影響を与えるのが「産地」と「焙煎度」と言われています。

ここでは産地と焙煎度の選び方について紹介します。

(1)産地を選ぶ

コーヒー豆は主に「コーヒーベルト」と呼ばれる赤道を挟んで北緯25度から南緯25度で栽培されます。特に東南アジアや中南米、アフリカは主要な産地と言われています。

代表的な産地は以下の3つが挙げられます。

ブラジル:酸味と苦味のバランスがとれている。日本で多く飲まれており、ブレンドのベースになることが多い。

ベトナム:苦味と渋みが強く、濃厚な味わいが特徴。それでいてカカオのような甘さと芳醇な香りを醸し出します。コンデンスミルクとの相性が良い。

ジャマイカ:コーヒーの王様と称される「ブルーマウンテン」の産地。スッキリとした甘みと酸味とクリアな旨味が特徴。希少性が高く、価格もお高め。

(2)焙煎度を選ぶ

焙煎とは「コーヒー豆を加熱する作業」のことです。

日本では主に浅煎り、中煎り、深煎りの3種類に分けて呼ばれています。

特徴としては以下のとおりです。

浅煎り:加熱時間が短い。こんがりきつね色。酸味が強く、苦味が少ない。

中煎り:栗色。酸味・苦味・コクのバランスがとれている。

深煎り:加熱時間が長い。光沢のあるこげ茶色。深いコクと強い苦味がある。

ちなみに、一般的に市販されているのは「中煎り」です。

この機会に自分の好みの焙煎度を見つけましょう。

大自然の中、空気の澄んだ朝に飲むコーヒーは格別

コーヒーは味だけではなく香りも楽しめます。特に大自然の中、空気の澄んだ朝に飲むコーヒーは格別です。

忙しい日常を忘れて、ホッと一息できる空間を演出してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!