【キャンプ場のリアル】キャンプ場管理人の仕事について

「キャンプ場で働くなんて羨ましいです!」

という言葉をよく言っていただきます。

筆者自身も本当にご縁に恵まれて、今ではキャンプ場の管理人としてまかせていただいており、ありがたい限りです。

実際のところキャンプ場管理人はどんな業務をしているのか?気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、キャンプ場の管理人をしている筆者がキャンプ場管理人の仕事内容などを解説していきます。

キャンプ場管理人の仕事内容

ざっとキャンプ場管理人をしている筆者の仕事をご紹介します!

(改めて見ると割と幅広い仕事があります)。

フロント業務

チェックイン、チェックアウトなどの受付業務です。

規約や、ルールなどをご確認いただいてレジで清算をしたり、施設の案内やレンタル品の受付や返却も行います。

売店があるキャンプ場の場合は、その対応もあるでしょう。

予約管理、受付

電話やホームページなどから入った予約の管理、お問い合わせ対応やメール送信なども行います。

キャンプ場の施設案内

宿泊エリアへの案内をします。
初心者のお客様の場合はテント設営の補助や説明したり手伝いもします。

キャンプ場内の清掃

テントサイト内のゴミはもちろん、トイレや水場、部屋などの掃除をします。場合によっては、折れてしまったり邪魔になる枝や雑草などの処理も。

蜂の巣退治や除雪、落ち葉拾いなど季節によって掃除の毛色も変わります。

さらに、ゴミの分別なども場合によっては行います。

大規模なところだとなかなか大変になってくるかと思います。

キャンプ場の見回り

お客様が安全に楽しめているかの見回り業務もします。

消灯時間を守っているか、危険な行為やトラブルがないかなどもチェックします。

キャンプ場のルールなどにもよりますが、直火や花火など火に関係するもの、川や海が近いキャンプ場であれば水周りなど命に関わるものはしっかりと見回る必要があります。

備品管理

レンタル品や販売品、トイレットペーパーなどの消耗品の不足がないか管理します。

必要に応じて発注したり、レンタル品を綺麗に掃除したりもします。

事務作業

売り上げや経費、顧客情報の管理をします。

企画など

イベントや新しい施策の企画などを行います。

ネット関係

ホームページの更新やsnsなどの更新も行います。

DIYなど

場合にもよりますが、キャンプサイトの拡張やウッドデッキなどを作ったり修理したりとDIYを行うこともあります。

キャンプ場管理人の楽しいところと大変なところ

続いては、実際キャンプ場管管理人として1年ほど働いた筆者が感じたことを素直に書かせていただきます。

とはいえ割と特殊なケースかと思いますのでちょっとした参考までに。

キャンプ場管理人の楽しいところ

癒される環境で働ける

自然の中で働けるというのはそれだけで大きな魅力だと思っています。

1年ほど都内でも仕事をしていたのですが、今の暮らしの方が合っているなーと感じることが多いです。

キャンプ場は当たり前ですが大自然に囲まれ、空気も綺麗。気持ちよく日々を過ごせるのは本当に魅力的です!

休みが多い

オフシーズンの時には平日が丸々休みになったりもします。

もちろん、その分業務以外の時間が取れるので、個人的には理想的な働き方でした!

意外と幅広い知識が身につく

キャンプ場の仕事と言っても、前述したように意外と幅広い業務があって、その分いろいろな経験値になります。

キャンプやDIY、草刈りなどアウトドアに関することだけでなく、やれることは自由度が高く幅広いです。

いろいろな人のキャンプスタイルが見れる

僕自身もキャンプは好きなので、たくさんの人のキャンプスタイルが見れるのも魅力の一つ。あのギアいいな〜とかはよく思っちゃいます。

深い話が聞けたりする

タイミングによってはお客様と一緒に焚き火を囲んだり、一緒にお酒の席に混ぜていただいたりもします。

こういう環境にいると初対面とはいえ色々と深いお話ができたりもして楽しいです。

恥ずかしながら色々とアドバイスをもらったりしています(笑)。

キャンプ場管理人の大変なところ

危機管理や責任が求められる

アウトドアは最高に楽しいですが、危険もつきもの。火や水は扱いを間違うと非常に危険。その管理や監視は責任を伴います。

それに、自然の中では危険な動物や毒を持った虫なども注意しなくてはいけません。

僕もこの仕事についてから初めて蜂に刺されたのは良い思い出です。

業務の幅が広い

楽しいことでもありますが、日々対応が必要なことの種類も多いので慣れないと結構大変。

移住が必要なことも

キャンプ場の管理人は場所にもよりますが、基本的に田舎暮らしになります。

管理人をするとなったら地方移住をする決断が必要な場合も多いでしょう。

僕自身も都内での仕事を辞めて千葉南房総に移住しました。僕は失うものもなかったのでできましたが、大変な場合の方が多いと思います。

田舎!

人によっては、都内にある楽しみがなかなか無いのが田舎の大変なところかもしれません。キャンプ場の周りには何もなかったりするので、仕事後の楽しみなどはなかなか望めないかもしれません。

ハイシーズンや土日に休みが取れない

昨今のキャンプブームも相まって、世間の人たちが休んでいる時期や土日にはなかなか休めません。

かなり忙しいので、そこは大変かもしれません。

金銭面

あくまで僕の場合ですが、キャンプ場管理人の収入だけだとかなり生活するのにギリギリです。

これから色々と工夫していく必要があるなと感じている現状です。

キャンプ場管理人のとある一日

7時~8時
起床、当日の予約内容確認、備品等確認

8時~9時
メールチェック

9時~11時
チェックアウト手続き、荷物運び、掃除

11時~13時
雑務、昼食、掃除

13時~17時
チェックイン手続き、荷物運び、案内や見回り、売店対応

17時~18時半
売り上げ管理等

18時半~19時半
夕食、休憩

19時半~21時
売店の対応、場内見回り

21時~
業務終了

さいごに

今回はキャンプ場管理人の仕事について書かせていただきました。

実際の業務内容が理解いただけたら嬉しい限りです。

その上で、キャンプ場管理人を仕事にしたい!やってみたい!と感じた方がいらっしゃいましたらお互い頑張りましょう!

最新情報をチェックしよう!