【商品レビュー】コストコで買えるおすすめキャンプ用品4選

近年、コストコはテレビにも取り上げられ、連日満員の大ブーム。

食料品はもちろんのこと、日用品も豊富で、キャンパーにも大人気。キャンプシーズン前にはキャンプギアがずらりと並び、キャンパーを魅了します。

今回は、筆者が実際に使用している、コストコで購入したおすすめキャンプ用品を4つ紹介します。

コストコで買えるおすすめキャンプ用品「チェアー」

コストコで買えるおすすめキャンプ用品。一つ目は「カスケードマウンテンテック コンパクトハイバックアルミチェア」です。

カスケードマウンテンテック(CASCADE MOUNTAIN TEC)はあまり日本で馴染みがないですが、アメリカの大手アウトドアメーカーです。

日本での流通はネット通販がメインのようで、店舗での取り扱いはコストコ以外ではあまり見られません

コンパクトで軽量

「カスケードマウンテンテック コンパクトハイバックアルミチェア」は、何よりコンパクトで持ち運びに便利なのが特徴。

軽量なアルミフレームを採用しているので、キャンプのみならずレジャーでも重宝します。

フレームはゴムでひとつなぎになっており、差し込む箇所が明確で組み立ても簡単。シートを差し込むときに力とコツが必要ですが、慣れれば問題ありません。

すっぽり収まる座り心地

包み込まれるような座り心地が特徴。背もたれの部分がメッシュなので、夏でも快適に過ごせます。

首元には取り外しが可能なクッションがあり、リラックスして寝落ちすることもしばしば。

コストコで買えるおすすめキャンプ用品「クーラーボックス

コストコで買えるおすすめキャンプ用品。2つ目はクーラーボックスの「イグルー マックスコールド(58L)」です。

イグルー(IGLOO)は北米NO.1シェアを誇るクーラーボックスメーカーです。

クーラーボックスを専門に取り扱うメーカーなので、購入時に性能面での心配はありませんでした。

保冷剤はロゴスのLサイズを2つ入れていますが、1泊2日なら問題なく使用できます。

2Lのペットボトルであれば、10本以上収納できます。

キャスター付きで持ち運びしやすい

購入の決め手となったのは、キャスターがついていたことです。

ファミリーキャンプがメインなので、大容量×持ち運びしやすいものを探していたので、ピッタリ当てはまりました。

太いタイヤがついているので、地面が土の場合でも転がりやすく、力はさほど必要ありません。

取手部分もしっかりしたつくりなので、容量が多くても持ち上げやすい設計になっています。

テーブルがわりに使用できる

ドリンクホルダーが4つとiPhoneやiPadを直立させることができる溝があり、テント設営時や食事の準備のとき、子どものテーブルとして重宝しています。

開け閉めのときに不便になるので、メインテーブルとしてはおすすめしません。

コストコで買えるおすすめキャンプ用品「寝袋

コストコで買えるおすすめキャンプ用品。3つ目は寝具の「コールマン ハドソンダブル(2人用寝袋)」です。

アウトドアメーカーの老舗コールマン(Coleman)の寝袋を発見。コストコにはコールマンの並行輸入品が多いため、表記などは全てが英語です。

大きさは235cm(縦)×150cm(横)で申し分ない大きさ。

‎快適温度7℃以上(最低使用温度-13℃)なので、11月後半はこれと毛布で問題ありませんでした。

かなりのサイズ感ですが、自宅の洗濯機で丸洗いができてしまいます。

ファミリーサイズ

ダブルベッドのサイズがあるので、大人2人と幼児1人で問題なく寝ることができます。

子どもが小学生くらいになるまでは、これ一択で冬は過ごせそうです。

毛布を同時使用すれば、暖かさもプラスされるので、寒さ対策はバッチリ。

細かい機能がたくさん

封筒型の寝袋ですが、頭部がポケット型になっているので、頭が冷えにくくなっています。

ポケット部分にピローを入れることで、固定させることもできます。

インナー部分がフランネル生地なので、触り心地がなめらかで快適な睡眠が可能です。

正直なところ、収納が大変ですが、コツをつかむと問題ありません。

コストコで買えるおすすめキャンプ用品「コット

コストコで買えるおすすめキャンプ用品。最後は、快適にキャンプをするための必須ツールの「コールマン  コンバータコット」を紹介します。

大きさは197(長さ)×63(幅)×32(高さ)と標準サイズ。

ベッドとして使うのが一般的ですが、荷物おきやリラックスチェアーとして使うこともできます。

折りたたみで簡単設営

折りたたみ式なので、設営が5秒でできてしまいます。

組み立て式のコットと比べて、収納時のスペースを多く使用しますが、手間がかからないので重宝しています。

荷物置きとしても使用できるので、テント泊のときの、設営や撤収時に大活躍です。

リクライニングが便利

背もたれに4段階、足元に2段階のリクライニングがついているのも魅力の1つ。ベッドや荷物置きだけでなく、リラックスチェアーとしても使用できます。

1台で3役も備えているので、キャンプには必ず持っていくことにしています。

高さ調節ができないので、ソロキャンプの場合、テントの高さに注意が必要です。

コストコのキャンプ用品は行くたびに発見がある!

今回はコストコでおすすめのキャンプギアを4つ紹介しました。コストコのキャンプ用品は、毎シーズン入れ替わるので、行くたびに発見があります。

ラインナップはもちろんのこと、安さもコストコの魅力の1つです。

これからキャンプ用品を揃えてデビューを考えている方は、ぜひ検討してみてください。

最新情報をチェックしよう!