ファミリーキャンプにおすすめの寝具

キャンプに欠かせないギアの一つに寝具があります。

自分に合った寝具を見つけて用途にあった使い方をしなければ、寝心地が悪くてなかなか寝付けない、なんてこともあります。

なので、キャンプのギアの中でも寝具はとても大切です。

この記事では、筆者が子連れのファミリーキャンプで実際に使用している「おすすめのキャンプ用寝具」と「キャンプ用寝具の基本的な知識」について解説していきます。

キャンプ用の寝具「シュラフ」の選び方

シュラフとは寝袋のこと。シュラフは現在、3,000円程度で通販でも簡単に買えます。

しかし「ただ安いというだけで選んで失敗した」という話もよく耳にします。シュラフには色々な種類のものがたくさんあるので、どれを選んだらいいのか迷いますよね。

では、ここからシュラフを選ぶ時に注目すべきポイントを解説していきましょう。

シュラフの形に注目しよう

シュラフには大きく分けて二つの形があります。「マミー型」「封筒型」の二つです。

マミー型

マミーとは「Mummy=ミイラ」という意味です。人の体のような形をしているため、マミー型と呼ばれています。

特徴:体へのフィット感が高いので保温性が抜群。冬のキャンプや標高の高い場所など寒い地域で使用するのに適しています。

メリット:体に密着しているため、温かい。寒い地域での使用に向いています。軽い物が多いので、持ち運びは便利です。

デメリット:体への密着度が高いため、動きづらい。狭いところで寝るのが苦手な方は使いづらい可能性あります。主に一人用のため、添い寝が必要な小さな子供には不向きです。

封筒型(レクタングラー型)

 

布団を重ねて袋状にしたような長方形の寝袋です。体へのフィット感があまりないので、締め付けが不得意な方に人気。

また最近は、1人用以外に2人用、3人用などと多人数で使用出来る物もあり、家族連れのファミリーキャンプで人気です。

特徴:体の締め付け感が少なく、布団で寝ているような寝心地を感じられます。大きな物であれば寝返りも可能。多人数で使用できるものもあります。

メリット:多人数タイプの場合、子どもと添い寝が出来ます。連結できるタイプもあるため、つなげて多人数で使用できます。

開放感があるので締め付けが苦手な人でも使用可能です。

デメリット:体にフィットするマミー型に比べて保温性は低い。マミー型と比べると大きなものが多いため、持ち運びが大変です。

シュラフは大きく分けると「マミー型」と「封筒型」ですが、他にも「着るシュラフ」や「卵型のシュラフ」などもあります。気になる人はぜひ調べてみてくださいね。

シュラフを使用する季節に注目しよう

シュラフにはいろいろな素材のものがあります。保温性に優れていて寒い時期に活躍するもの、夏でも使用できる涼しいもの、3シーズン使用できるものなどそれぞれ厚さや素材に違いがあります。

使う季節に合った素材のシュラフを選びましょう。

夏用

真夏のキャンプでも対応可能な涼しい素材のもの。最近の猛暑にも対応する涼しい素材のシュラフがでています。

真夏のキャンプによく行くという方におすすめです。

冬用

冬の寒い時期でも対応可能な保温性の高いもの。3シーズン対応可能なシュラフでは寒くて使用できない冬に活躍します。

冬のキャンプによく行くという方は用意しておいた方がよいでしょう。

3シーズン用

初心者がまず買うべきシュラフです。

春・夏・秋の3つの季節のキャンプで対応可能なので、このタイプのシュラフを持っていれば比較的長い時期キャンプを楽しめます。

 

このようなポイントに注目して、購入するシュラフを選んでみましょう。実際にキャンプギアショップなどで一度見てから購入するとサイズ感・重さなどが分かりやすいですよ。

【実際に使用】ファミリーキャンプにおすすめの寝具

ここからは、筆者が実際にファミリーキャンプで使用しているおすすめのシュラフをご紹介していきます。

おすすめするシュラフは「DOD わがやのシュラフ 40秒で片付け可能な4人家族用寝袋」です。

「DOD わがやのシュラフ 40秒で片付け可能な4人家族用寝袋」の基本情報

色:ブラウンのみ
サイズ:縦2300mm×横2000mm
収納したサイズ:縦360mm×横360mm×高さ660mm
重さ:4.8kg
素材:ポリエステル・綿
推奨気温:-5℃~5℃(3シーズン対応)

DOD わがやのシュラフのおすすめポイント

1.わがやのシュラフは家族4人で寝られる

「わがやのシュラフ」は、最大4人で一緒のシュラフに入って寝ることができる多人数用シュラフです。

横に大きな長方形で我が家の場合は大人2人子ども2人(小学生・幼稚園児)で使用していますが、窮屈な感じはありません。

まだ、寝かしつけが必要な子どもとキャンプに行く場合、一緒に入って寝られるタイプのシュラフはとても重宝します。

2.わがやのシュラフは切り離せる

『わがやのシュラフ』は2人用のサイズにもなります。このシュラフは真ん中に大きなチャックがあって、そのチャックを連結させれば4人用、切り離してチャックをしめれば2人用になります。

暑い夏に使用するとき、1人で使用する時などは2人用にして使用するのがおすすめです。

3.わがやのシュラフは片付けが簡単

わがやのシュラフは、使うときも片付ける時も簡単です。

使用するときはベルトを外して開けるだけ、片付ける時もくるくる巻いてベルトで留めるだけなので1分もあれば終わります。

しかもこれ1つで4人分のシュラフが完成するので、4つ設置して片付けるのも比べると簡単です。

4.わがやのシュラフはおしゃれ

見た目が茶色でおしゃれです!

わがやのシュラフは、おしゃれなキャンプギアメーカー『DOD』の商品です。

落ち着いた色味に可愛らしいウサギのマークが描いてあって、子どもたちも気に入っています。

5.わがやのシュラフは洗える

子連れのファミリーキャンプで使用するギアで、洗えるというのはとても嬉しいことです。

子どもがいるとアクシデントがつきもの。以前に子どもがテントの中にお菓子を持ち込み、シュラフを汚してしまったのですが、自宅の洗濯機で洗えたので助かりました。

ただし、シュラフ自体が大きいので家庭の洗濯機で洗えるかどうかは個人で確認した方がよさそうです。

6.わがやのシュラフは荷物が少なくてすむ

一般的に、キャンプでは1人1つシュラフが必要ですが、『わがやのシュラフ』の場合は1つで4人まで使用できるので、荷物が少なくてすみます。

意外とシュラフはかさばるので、数が増えるとそれだけ場所も取ります。

車に積める量には限りがあるので、少しでも荷物を減らせるとありがたいですね。

7.わがやのシュラフは安い

『わがやのシュラフ』は時期にもよりますが、通販で10,000円程度で購入可能です。ただし、季節・在庫などによって価格は変動します。

私が実際に購入した時はキャンプシーズンで在庫がなかったため、数か月待ちで10,000円以上しました。

しかし、安い1人用シュラフでも3,000円程度するので、それを4人分買えば12,000円になります。

1人用シュラフでも機能性やブランドにこだわるともっと値段が上がる、ということも考えると10,000円程度で4人分のシュラフが買えるのは経済的です。

わがやのシュラフの注意点

子どもの寝相が悪い

おすすめの『わがやのシュラフ』ですが、使用する際の注意点もあります。

一緒のシュラフの中にみんなで寝るので、寝相の悪い子どもと一緒に寝ると若干狭く感じることも。気になる方は一人用シュラフがおすすめです。

真夏は少し暑い

多人数で一緒に寝るのでどうしてもシュラフ内の温度が上がります。しかも、体温の高い子どもと一緒に寝たらなおさらです。

昨年真夏のキャンプで使用した時は家族4人でシュラフに入って寝るには暑かったです。そのため、シュラフを敷布団のように使用し、上にタオルケットをかけました。

でも、この使い方が意外と評判がよく、その後の夏キャンプでもこのように使用しました。

地面がフカフカでとてもきもちよく眠れます。大きなシュラフなので、敷布団のようにも使えるのです。

自分のキャンプスタイル合ったシュラフを選ぼう!

シュラフといってもたくさんの種類があります。形や素材、用途などによって選ぶべきものは違うでしょう。

値段も安いものから高いものまであるので、何を基準に選べばいいか迷ってしまいます。そのようなときは、どんな季節に、誰と、どんなキャンプ場で使用するのか、に注目してみましょう。

そうすれば選ぶべきシュラフが自然と分かってくるでしょう。

我が家の場合は子どもがまだ小さいということで、大人数で使用できる『わがやのシュラフ』を使用していますが、子どもが大きくなればいずれは一人用シュラフも追加で買う予定です。

自分のキャンプスタイル合ったものを選んで快適にキャンプを楽しみましょう。

最新情報をチェックしよう!