真夏のファミリーキャンプにおすすめのクーラーボックスと保冷剤

キャンプの必需品といえばクーラーボックス。

最近は安いものでは1,000円程度で購入できるクーラーボックスもありますが、保冷能力が低く1日も保冷ができない場合もあります。

特に真夏に使用する場合は、値段だけで選ばずに保冷能力が高いタイプのクーラーボックスを選ぶのがおすすめです。

また、保冷剤は100均などにも売っていますが、アウトドア老舗ブランドの保冷材は保冷能力が全く違います。

せっかくのキャンプを安全に楽しく過ごすためには、保冷能力が高いクーラーボックスや保冷剤を使うのがおすすめ!

この記事では、我が家のキャンプで愛用している真夏のファミリーキャンプにおすすめのクーラーボックスと保冷剤をご紹介します。

キャンプにおすすめのクーラーボックス「コールマン・ポリライト48QT」とは?

今回ご紹介する「コールマン・ポリライト48QT」は、アウトドアメーカーの老舗「コールマン」が販売しているハードタイプのクーラーボックスです。

2リットルのペットボトルが10本は余裕で入るほどの大型サイズで、ファミリーキャンプや大人数のキャンプでの使用に向いています。

実際に4人家族(小学生2人と夫婦2人)の我が家でも、キャンプで快適に使用することができており、保冷力も高いので真夏のキャンプにも適しています。

基本情報

サイズ:横64㎝×奥行33.5㎝×高さ36㎝
容量:約45ℓ
重さ:約4Kg
素材:ポリエチレン・ポリプロピレン・スチール・発砲ウレタン

「コールマン・ポリライト48QT」がファミリーキャンプにおすすめの理由

では、ここからは「コールマン・ポリライト48QT」がファミリーキャンプにおすすめの理由についてお話ししていきたいと思います。

1. 保冷時間が長い

まず、「コールマン・ポリライト48QT」は、保冷できる時間が長いということが大きな魅力の1つです。

コールマンの公式でも3日間保冷能力が続くと書かれています。

実際に猛暑日に使用しましたが、2日目でも保冷剤がまだ溶けておらず、食品や飲み物も十分冷えていました。

ただし、気温や場所によって保冷できる時間に差があります。夏の連泊キャンプなどで使用する場合は、途中で氷を入れるなどしてクーラーボックス内の温度が上がらないようにして使用しましょう。

2. 容量が大きい

「コールマン・ポリライト48QT」は、大型で容量が大きいところも魅力。2ℓのペットボトルが10本は余裕で入るサイズです。

連泊や大人数のキャンプでは食材と飲み物だけでもかなりの量を入れることになります。特に暑い時期は飲み物の量も増えるし、食材も外では保管しにくくなります。

家族や大人数でキャンプをする場合には大きめのクーラーボックスが便利です。

私は実際に家族4人の連泊キャンプでも使用していますが、今のところこれ1台で飲み物・食品・保冷剤など全て入れることができています。

3. ミニテーブルになる

「コールマン・ポリライト48QT」の蓋部分には、カップホルダーが付いているので、ミニテーブルとしても使用できます。

洗える素材なので、飲み物などをよくこぼす子どもが使っても安心です。

4. 色のバリエーションが多い

「コールマン・ポリライト48QT」のさらなる魅力は、ブルー・レッド・グリーン・グレイ・ブラックなど色のバリエーションが多いことです。

また、お店によっては限定色が販売されることもあるので、自分の好きな色のクーラーボックスを見つけることができるでしょう。

私が使用しているのは、数年前に販売されたアルペンの限定モデル。

限定色は少し割高になりますが、自分が気に入ったギアは大事に使うことができるので、限定モデルを買って良かったと思っています。

5. 水滴が外側につかない

「コールマン・ポリライト48QT」は、長時間使っていても本体の外側に水滴が付きません

安いクーラーボックスを使った時にありがちなトラブルに、クーラーボックスの周りが水滴でびしょびしょになるという点が挙げられます。

キャンプサイトで外に置いて使用する分にはあまり問題がありませんが、持ち運びの段階で水滴が付くと車の中や横に置いているキャンプギアが濡れてしまう原因になります。

使用中に水滴が付かないかどうかは、クーラーボックスを選ぶ上で大事なポイントです。

「コールマン・ポリライト48QT」の注意点

「コールマン・ポリライト48QT」には、1つだけ注意点があります。

それは、中身を入れたら重たくなるということです。

どのクーラーボックスでも同じですが、いくら本体が軽くても中に飲みものや食べ物を入れると重たくなります。

車に乗せる時などは無理して一人で持たず、誰かと一緒に運ぶのがおすすめです。

ちなみに、伸びる持ち手と足元にはタイヤが付いているので、普段はコロコロと運べるのでご安心下さい。

真夏におすすめ保冷剤「ロゴス・アイススタッグ」について

続いても実際に使用しているおすすめの保冷剤「ロゴス・アイススタッグ」をご紹介します。

基本情報

サイズ:横約14㎝×縦約24㎝×厚さ約4㎝
重さ:847g
温度:0度まで冷やせる
値段:400円程度(amazon:2022年5月現在)

「ロゴス・アイススタッグ」がおすすめの理由

保冷時間が長い

「ロゴス・アイススタッグ」は、保冷時間が長いことが最大の魅力です。

気温や気候によっても左右されますが、今のところ真夏の猛暑日でも2日間くらいは問題なく保冷が続いています。

以前は100円均一の保冷剤を使用していましたが、夏の暑い日には朝に冷蔵庫から出してクーラーボックスの中に入れたら夜には溶けているという感じでした。

やっぱりアウトドアブランドの保冷剤は保冷能力が高いです。

老舗ブランドの保冷材にしては安い

「ロゴス・アイススタッグ」は、老舗アウトドアメーカーの保冷剤にしては値段がお安いです。

保冷剤は一度に複数個購入することが多いと思うので、少しでも安い方が経済的。

ロゴスには、他にも氷点下まで冷やせるタイプや長時間保冷が続くタイプなどがありますが、どちらも1,000円程度の値段です。

我が家の場合は「ロゴス・アイススタッグ」でも十分満足して使えているので、ぜひおすすめしたいです!

まとめ

我が家のファミリーキャンプで使用しているおすすめの「コールマン・ポリライト48QT」。

家族4人キャンプでも食材や飲み物が無理なく入りますし、保冷能力が高いので真夏のキャンプでも快適に使用することができますよ。

キャンプでご飯を食べてお腹が痛くなった、なんてことにならないためにも性能が高いクーラーボックスを使用するのがおすすめ。

保冷剤も老舗アウトドアメーカー保冷剤と100円均一の保冷材では保冷時間が違ってきます。保冷能力が高いクーラーボックスや保冷剤を使用して快適にキャンプをしましょう。

 

最新情報をチェックしよう!